Vero SoftwareがHexagon社の傘下へ

Vero Softwareは、設計、計測、視覚化技術を世界中で提供しているHexagon社(NASDAQ OMX Stockholm: HEXA B - www.hexagon.com)による買収に合意しました。今回の買収は監督官庁への出願を経て、2014年8月に手続きが完了する予定です。

Veroは引き続きHexagon Metrology社(www.hexagonmetrology.jp)内で独立したビジネス組織として運営されます。Hexagon社は業界をリードする世界的計測機メーカーとして非常に有名な企業で、Veroとは多岐に渡る産業分野(自動車、航空機、電子、設計、エネルギー、医療)で多くの顧客層を共有しています。
 
今回の買収によりHexagon Metrology社はソフトウェア製品を強化し、同時にCAM(manufacturing planning software)を使って新規開発したMMS(metrology planning software)の適用範囲を拡大する事で、品質データを完全に使用可能にする上での課題を解消出来るようになります。
 
Hexagon社の社長兼CEOであるOla Rollénは以下のように述べています。
「Vero Softwareは、一連の製造業向けソフトウェアソリューションを保有するだけでなく、専門性や知識があります。 さらに、お客様に高い生産性を提供できる人材がいます。我々の海外での実績を活かして、両社の技術を融合し、製造ライフサイクルを通して全てのデータと工程を統合する支援をする事で、我々の戦略を推進していきます。」
 
Vero SoftwareのCEOであるRichard Smithは以下のように述べています。
「何年にも渡る我々の努力により、Vero Softwareと我々の製品は業界のリーダー的存在となりました。Hexagon社は40ヵ国以上に 14,000名以上の従業員を抱え、約3,276億円(1ユーロ=136.5円換算)の売上高を誇る企業です。私はHexagon社の規模と海外でのビジネス経験はVero Softwareに更なる安定をもたらし、今後のビジネスの成長を後押しするものと強く確信しています。」
 

前へ  |  次へ