PartXplore - User InterfacePartXplore - User InterfacePartXplore - User InterfacePartXplore - User InterfacePartXplore - User Interface

ユーザーインターフェイス

魅力的でユーザーフレンドリーなインターフェイス

わかりやすく実用的なインターフェ9スなので、ほとんどの主要な機能にホーム画面から直接アクセスすることができ、すぐにソフトウェアを立ち上げて運用することができます。

高性能な3Dモデル操作と表示機能を搭載:
・ さまざまなビュー(面指定、上面、下面、左側面、右側面、ISOなど)によるウィンドウの事前定義
・ ダイナミックズーム、回転、スクロールなどを行うモデル操作機能
・ シェーディング、ワイヤフレーム、隠線、テクスチャなどのさまざまな表示モード
・ 3Dモデル内の各オブジェクトやサーフェスのカラー、透明度、表示管理機能

重要な情報に迅速かつ簡単にアクセス:
PartXploreを使用すれば、エクスプローラ画面、アセンブリデータのツリー構造、レイヤーマネージャーやスクリーンマネージャー機能に瞬時にアクセスできます。

統合されたエクスプローラ:
この機能は、ファイルをスピーディーにプレビュー表示し、マウスをワンクリックするかドラッグ&ドロップするだけで、インポートできます。また、このツールを使えば、ユーザー様のお気に入りフォルダを記憶させることもできます。

アセンブリデータのツリー構造:
この機能は、ソート・選択・削除とは異なるPartXploreの機能によって、CADファイルとオリジナルのアセンブリを配置、プレビュー、変更することができます。

スクリーン:
PartXploreは、「現在のセッションにおける要素の3Dレイアウト」を作成できます。特定の要素(ワイヤフレーム、測定、注釈)は、シーンに関連付けることができます。この場合、関連するシーンがアクティブになったときにだけ表示されます。

レイヤーとフィルター:
PartXploreは、どんな2D/3D CADファイルでもの全てのレイヤーやフィルターを読み出すことが可能です。また、PartXploreで既存のレイヤーやフィルターを変更できるだけでなく、新しいレイヤーやフィルターを作成することもできます。

マルチプロジェクトマネージメント:
ユーザー様は、同時に複数のプロジェクトで作業でき、同じ環境で別の物に切り替えることも可能です。

テクスチャの改善:
テクスチャ機能は、他のレンダリング機能と同じ動作で、表示されている全てのオブジェクトに適用されたテクスチャを有効にすることができます。 オブジェクトは、以前定義されたテクスチャ、またはデフォルトのテクスチャで表示されます。 次の新しい3つのパラメータも追加されています。オブジェクトのベースカラー、エッジ表示、パーツのテクスチャ表示密度。